読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロボットは泣かない

24歳意識低い系ダメ社会人のつれづれ。

1ヶ月記念日

 

 

おはようございます。

今日も安定の早起きです。(望んでない)

 

実は、今日で早くも付き合ってから1ヶ月が経ちます。彼はいつも側にいてくれます、むしろピッタリ引っ付いています。にも関わらず私をさらに束縛してくる困ったヤツです。私、束縛されるの大っ嫌いなんですよね。元々好きで付き合ったわけではないんですが…。そろそろ別れたいなと真剣に思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 …空咳と。

 

なんか早朝のよくわからないテンションでちょっとふざけてみたけど特別面白くならなかったです。残念ながら私には笑いを取る才能がないようだ。

 

やっぱり病院でもらった漢方は案の定一切効かずでした。そりゃ悪いのは体じゃなくて心ですからね。病院に行ったって治らないと思うけど周りがあーだこーだ煩いからまた行かなくちゃダメかもです。(主に上司。お前が原因の8割だっつーの。)

 

全然関係ないですけど今日は3頭身になり絶望するという夢を見ました。夢占いしようと思ったけど何て調べればいいのかわからなくて悩んでます。

 

 

 

土日に出勤やだなー。今日10時間労働だし。
まぁこの土日働いたら2連休なんですけどね。ほんと後半休み多くて楽です。来月のシフトが怖いですけど。

出勤時間までダラダラして過ごそー。

 

名前のない感情

 

今回の休みも結局、一歩も外に出ることなく終わってしまいました。これで3回連続です。

今の店舗に配属されてからそろそろ一年が経ちますが、こっちに来てから遊びに行くことがかなり少なくなりました。

友達がいないっていうことは一切関係ないです。いつも一人なので←

 

美術館も行かないしヒトカラも行ってない。映画も今年のコナン(最高)しか見に行ってない。

映画は間違いなく最高だったけど私の精神状態がよくないから興奮が長く続かなかった。去年なんか3回は見に行ったのに…!好きなものも心から楽しめなくなったら、本当に何が楽しくて生きてるのかわからなくなる。生きてたくない、としか思えない。だけど来年は安室さんがメインの話らしいから生きます。《幸せ》とまでは思えなくていいから、好きなものを素直に楽しめる状態になりたいなーと思います。

 

私は大学時代に12キロのダイエットに成功しました。それがきっかけで無駄な贅肉だけでなく、部屋もすっきりさせたいなと思って断捨離とか掃除とかにも力を入れるようになりました(精神状態により時々サボる)。

イライラしたときはモノを捨てるとすっきりします。そんな中で《楽しむ心》も捨ててしまったのでしょうか。

そんな安っぽい言葉で思いを語ろうとする自分が恥ずかしい。もっと語彙力増やしたい、切実に。 

代わりにと言ってはなんですが、谷川俊太郎の詩集の中から今日の気持ちに近いものがあったので載せます。

 

 

 

闇の中で

記憶だけが私に残される時

暗い花々にかこまれて

私は思い出に捧げられた墓石のようだ

 

かつてあんなにいきいきと動き廻っていたものが

いまは頑な古さの中に閉じこめられている

僅かな言葉で云い尽くされ

もはや触れることの出来ぬ不確かさで

 

何気なく生き捨てたかずかずの小さなことが

どんなに貴いことだったか……

もう誰も憶えていない

 

陽が今日をむごい明るさに照らし出す

しかし記憶はもはや覚めない薄明だ

罪のようにそれは帰るところがない

 

 

谷川俊太郎『62のソネット+36』より引用

 

 

 

文学とか音楽、美術とかは、好きに感想を持っていいものだと私は思っています。数学みたいに答えは一つじゃないから。「あーなんか好き。なんとなく共感できる!」とか「絶望の中だからこその解釈なのかな?根底にあった出来事はなんだろう?」とか、自分の感じたことをそのまま肯定したい。

文豪や芸術家って人より感受性が強くて、人間の本質を真摯に見つめ続けてしまう人が多いと思います。だから自死する人も多い。表現することに命懸けで、執念や情念を込めてるから人の心を惹きつけるのかな。

少なくとも私は自分の気持ちに近い表現を見つけたとき、痒い所に手が届く感じというか、自分の気持ちを代弁してもらった、という感じがしてます。

 

 

 

割と本気でなに言ってんだって話なんですが長々書いたのでそのままアップします。笑

さー明日からまた仕事だ_(:3 」∠)_

 

 

眼鏡使ってますか?

 

皆さん、お気づきでしょうか?

プロフィールのところにリンク貼りました(´∀`)

 

パソコンの調子が悪くてなかなか作業が進まず、色々とググりながらなんとか…本当になんとか形にすることができました!(感動)

でもスマホ版で見たら変わってないんですよね。ちゃんと設定すればパソコンと同じようにできるみたい?ですけど、今回は見送ります。

 

あと、カテゴリー分け!

名前何にしようとか、結局いくつに分けようとかめちゃくちゃ考えた結果…3つwwwww

もう名前も適当だし、他のカテゴリーは記事が増えてからでいいやって自己完結したので、また随時変更していきます。(多分)

皆さんのブログは文章だけでなくデザインも個性が出てて素敵だなーと思いながら拝見してます。いつも見てて楽しいです^^

 

とりあえずひと段落ついたのでブログを見て回ったり、YouTubeハロプロの曲を聞きながら過ごしています。

ちょんまげに眼鏡スタイルで、缶チューハイ片手にスルメを頬張る24歳…。色気なさすぎる。いくら干物と言われようがお休みだしオンオフかっちりつけていきたい。ありのままでいこうよ〜と自分を肯定します。

割とこういう女性は多いと私は思ってます。

 

 

 

 

 

ところで、皆さんは眼鏡ユーザーですか?

最近はブルーライトがどうのこうのって、目が悪くない人でも眼鏡をかける人が増えましたよね。ブロガーの皆さんはパソコンやスマホを見る時間が多いと思うんですが目が疲れることってありませんか?

 

ブルーライトは眼精疲労を起こす光で、肩こりや近視が進んでしまう原因の一つです。どこの眼鏡屋もブルーライトつけられますよーと勧めてくるとは思いますが、肝心のカット率はご存知でしょうか?

メーカーや、ブルーライトを弾くタイプか吸収するタイプかによっても変わるんでしょうけど、平均カット率は30〜40%が多いみたいです。いいものは50〜60%くらいカットしてくれるみたいですけどね。(高い)

まぁ謳っている数値が本当かどうかはわかりませんが。

紫外線と違って99%カットするレンズはないんです。残念ですが。でも4割近くカットできれば疲れもだいぶ違うのではないかと。感じ方は個人差があるらしいんですけどね。ちなみに普通のレンズでも1.2割はカットしてくれるという噂も…。

着地点が見えなくなりましたが、とりあえず目は大事にしていきたいですよねってお話です。

 

 

 

以上、眼鏡についてでした!

(これどのカテゴリーに入れればばいいのかな?)

 

テンションも体温も上がらない

 

おはようございます。

ブログを始めて早くも3週間経ちました!

いつも読んでくださってる方、ふらーっと立ち寄られた方が有難いことに増えてきたので前の記事で自己紹介をさせていただきました。

 

いっしーさん。の記事に「なるほど!」と思い急遽プロフ記事を作成をした次第であります!勝手に貼らせていただきます。

 

www.issizzz.com

 

自己満足で始めたブログですけど、もっと外に自分を発信していってもいいのかな?とすこーし思うようになりました。

ブログは私も含め、皆さんの自分の思いを綴る場所だから大切にしていきたいですね。

 

 

 

 

 

 

あ、昨日は給料日でした♡

別に何を買うわけでもないけど。

ここ半年ほど給料日にテンションが上がることもなくなりました。日にち確認して、「あ、今日は給料日か。明細だけ確認しとこ。」という感じ。

お給料も今月から少し下がってるんですけど、なんかもう別に何とも思わなくて!お金がモチベーションにならない社員って扱いにくいだろうなーと自己分析するくらい他人事でした。

 

 

 

さて…!
今日こそブログのカテゴリー分けとかを完了してしまいたい!機械オンチだからいつまでかかることやら…。と早朝から不安を抱えています。

全然関係ないですが部屋の中の温度25度なのに寒いです(´-ω-`)

体温35.0でした。

 

 

 

自己紹介してみた

 

どうもです。

今回は私という人間についてまとめてみました。

 

 

 

 

杏那と申します

24歳社会人。仕事はサービス、販売業で転勤族です。

大学を卒業して1年ちょいで奨学金の返済を終え、働くモチベーションを見い出せず人生そのものをログアウトしたいと考えています。

 

 

・性格

基本的に超ネガティブ人間。協調性ない。意識低い系。

最近顕著になってきたのですが、物事、人に対して興味を持てない性分みたいです。東京五輪?ワールドカップ?消費税値上がり?一切興味ございません。親は私のことを非国民と言います。

また向上心も欠けています。努力してまで何かを得たいを思ったことがないです。無気力ガールとは私のこと。

そして感情動物です。喜怒哀楽かなり激しいです。時々逆ギレ上等。友人たちには「性格いいね。」ではなく「いい性格してるね。」と評されます。

 

 

・習い事遍歴

書道6年、ピアノ10年、茶道4年、その他は省略。

趣味だけ聞いたらお嬢様っぽいですが、ただの口の悪い田舎娘です。チームワークよりも個人プレーが得意です。

 

 

 ・子ども時代

私、セーラームーンだったらしいです。口癖は「どこかにいい男いないかしら?」

小学生になってからは本が大好き(小説オンリー)で、国語辞典と漢和辞典を片手に読み進めるような子供でした。中学のときのテスト期間は読書強化週間で、勉強をせずに一日中読んでいたのでよく親に怒られてました。 今でも納得できません。

そして、とにかく学校が大嫌いでした。一応テンションは合わせていましたが体育祭とかで盛り上がるクラスメイトを物凄く冷めた目で見ていたタイプです。友達がいないわけでも先生とうまく付き合えないわけでもないのに、「居場所がない。」と常々思っていました。

 

  

・属性

ぼっち。基本的に一人が好きです。映画、カラオケ、旅行に婚活パーティーなど、どこへでも割と一人で行きます。もっと栄えた場所に住んだらオシャレなバーに通ってみたいです。

あとはメンヘラ、闇属性なので陽よりも陰ですね。影のあるものに惹かれる傾向あり。

 

 

・好き、興味あること

読書、スピリチュアル、掃除、美容、御朱印集め、ハロプロ名探偵コナン

 

 

・ブログを始めた理由

感情の吐き出し場所を作りたかったからです。これからもひっそり自分の思いを吐き出していきたいです。だって共感してもらえたら嬉しいし抱え込むのってしんどいから。身バレが怖いので記事の内容はところどころフェイク入れてます。

いずれは収入を得ることができるようになりたいと少しの野望もありますが、おそらくそのための努力はしないでしょう…。

 

 

 

 

こんな私ですが、どうぞよろしくお願い致します。

読者になってくれたら嬉しいです^^

 

欲望と願望の狭間で

 

 

またまた続きです。

 

kaputtan.hatenablog.jp

kaputtan.hatenablog.jp

 

 

 

 

さて、予告のとおり今回はダイエット失敗談がメインです。

数々の失敗をしてきた私ですので割と説得力があるのでは?思います。

 

  1. こんなダイエットは失敗する
  2. ダイエッターの心構え
  3. おすすめダイエット(番外編)

 

 

 

 

 

1. こんなダイエットは失敗する 

これはズバリ「食べないダイエット」です。俗にいう断食ってやつですね。私は最高3日間水しか飲まず生活したことがありますが、とにかく苦しくて食べるための言い訳が頭の中を巡るだけでした。食に対する思いが強まっただけです。

しかも並行してウォーキングも1時間ほどしてましたので3日目で道端でぶっ倒れそうになりました。命からがら家についたときの安心感っていったら…。運動をしなければもしかしたらもう少し食べずにいられたかもしれませんが、これは続けられないなと断念しました。

断食するなら専門の施設に行ったほうがいいそうです。もし自己判断でするなら、食べずにいると体が飢餓状態なので食べたときの吸収力が半端ないです。お粥とかお腹に優しいものから食べるようにしたほうがいいですよ。

 

 

 

 

2. ダイエッターの心構え

  •  ダイエットは1日にしてならず

たった1日で痩せる方法はまずありません。仮に飲まず食わずだとしても1、2キロ痩せればいいところです。ただ体重が少々減るだけで見た目がスマートになるわけではありません。ダイエットの目的は体重を減らすというのもありますが、見た目が細くなるのが大体の人の真の目的だと思います。元の体重にもよりますが、3~5キロ痩せれば見た目にも変化が出るのでゆっくり減らしていきましょう。以前ダイエットについて調べたときに知ったこと。1ヶ月間で減量するのは体重の5%以内がリバウンドしにくいそうです。

 

  • 停滞期があることを心得よ

人間の体って体重の減少が進んでいるときに、あるところで体重減少に歯止めをかけて命を守ろうとするんです。簡単にいうと、食べる量が減った時でも生き延びるために働く機能、いわゆる省エネですね。ダイエットに停滞期はつきもの!体重の減少が5%以上になると停滞期に入るそうです。上記の内容にもつながりますね。大体2週間から1か月くらいで体重が減った状態に体が慣れるのでまた痩せていきますよ。

 

 

 

 

 3. おすすめダイエット(番外編)

これはもうひたすら歌うだけです!私は大学生の頃、よく自主休講して歌いに行ってました。オープンと同時に入店しフリータイムが終わるギリギリまでノンストップで7時間以上歌います。結構疲れるんですよ。バラードの方が消費カロリーは多いので腹式呼吸を意識します。私の場合は肺活量の問題なのか、人より消費カロリーが少なく1曲10キロカロリー超えたら超テンション上がりました。1曲5分とすると1時間で12曲は歌えます。かなりざっくりですが、12曲×7時間×10キロカロリー=840キロカロリーになり、かなりのカロリー消費が見込めます。3時間でも360キロカロリーです。肺活量の多い方はもっと消費できそうですが。ストレス発散にもなりますよ!

 

  • 自己暗示

これは傍から見ればかなーりイタイ行動ですが、全裸で鏡の前に立ち体を撫でながら「どんどんウエストがくびれていく~♪」「私の足はカモシカのよう(真顔)」などと思い込みながら声にして発することで体の細胞に働きかけるという方法です。あえて痩せたい部分を露出し、他人に見てもらうことで同様の効果が得られると聞いたこともあります。

あと、私は食事の時にもしてましたね。「こんなに美味しいものを食べたって太るわけない!食べることで私の美しさはより増していくぜっ☆」と思い込むことで食べることへの罪悪感を軽減していました。(人前ではやめましょう。)

 

 

 

 

とまあ、こんな感じで私のダイエットは完了しました。

誰かの参考になったらいいな~。

私もまたボディラインを整えていかなければ!

 

それではそろそろ仕事に行く準備をしましょうかね…。

 

 

私はこうして肉襦袢を脱ぎ去った

 

前回の記事のつづきです。

kaputtan.hatenablog.jp

 

 

 

 

では、今回は具体的に痩せた方法をお話したいと思います。

  1. 成功したダイエット方法(食事編)
  2. 成功したダイエット方法(運動編)
  3. ダイエットを成功させた私が得たもの

 

 

 

1. 成功したダイエット方法(食事編)

まず基本中の基本ですが、摂取カロリー≦消費カロリー!

ここを厳守しなければ成果を出すことは難しいです。付き合いなどで食べ過ぎてしまうこともあるでしょうから、そのときは予定の前後で調整をします。少しの工夫でこれはクリアできると思います。

  • 朝は白湯を起きてすぐ飲みます。あとはヨーグルトやサラダ、ゆで卵や納豆を食べることが多かったです。おなかがすけば下記の10時のおやつタイムが発生します。
  • そして、極端に炭水化物を抜くことはしません。1日1食はパスタなど自由に食べます。気を付けるとすれば夜よりも昼に食べたほうがいいでしょう。カロリーも消費もできますし、午後からの活動にも支障はでません。
  • 夜は鍋がおすすめです。野菜をたくさん食べられるし後片付けも簡単だし、味を変えれば私は飽きませんでした。きのこ類やお肉も入れてボリューム満点!
  • そしておやつ!!!私は普通に食べてました。1日2回の日もありましたね。時間は朝10時と午後15~16時です。太りにくい時間に食べることが大切です。食べるのは和菓子が中心でしたが、ケーキやシュークリームも食べてました。マイルールとしては、飲み物は抹茶一択!抹茶は万能なのです♡

    万能な抹茶の効能&効果と注意点について | 毎日ティータイム~緑茶、紅茶、珈琲の総合情報館~

 

一日通してみると、炭水化物、タンパク質、ビタミン、脂質、無機質の5大栄養素を網羅しているので不健康に痩せるということはありません。

体を壊しては本末転倒ですし、過度の節制を一生続けるのはまず不可能です。私の食事メニューなら若いに人はもちろん、年齢を重ねても適用できるのではないかなと思います。ただ残念ながら、今の私のようにシフト制で不規則な生活をしている人はこの限りではありません。

 

 

 

2. 成功したダイエット方法(運動編)

 体重を落とす、全体的なサイズダウンにおすすめなのは2つだけです。

  • ウォーキング(最低20分以上を週4回)
  • スクワット(最低一日15回)

 

両方する日もあれば片方だけする日も、全部サボってしまうときもありました。笑

両方するなら順番はスクワット→ウォーキングです。無酸素運動から有酸素運動の順番の方が脂肪燃焼効果が高いそうです。

ウォーキングは腕をしっかり振って歩きます。恥は捨ててガンガン振りましょう!特に姿勢に気を付けて、腕は後ろに引くときの方が重要です。しっかり引くとウエストがねじれると思います。

スクワットも姿勢が命です。背中は丸めず、膝を曲げるときはつま先より前にでないように気を付けてください。できる限りゆっくり曲げ伸ばしを行うこともポイントです。

         スクワット15回=腹筋100回

私はかなり太ももが引き締まって「足が細い、綺麗!」と言われるようになりました。超おすすめです!!!

 

あとプラスするとしたらストレッチくらいでしょうか…。他にもいくつかエクササイズをしたこともありますが、スクワットとウォーキングだけでも十分だと思います。

食事と合わせて徐々に痩せていったので、ダイエット完了から3年経った今でもリバウンドしてません。ただ少しボディラインはたるんできたような…。またスクワットだけでもしなくては。

 

 

 

3. ダイエットを成功させた私が得たもの

とにもかくにも友人たちからの賛美です。私は友人が少ないですが、私が痩せて嫉妬による嫌がらせをしてくるなどは一切なく、皆「綺麗になった!」と素直に褒めてくれました。顔見知り程度の人からも同様です。とにかく容姿を褒められることが太る前より断然増えましたね。当時の彼氏は少し不満そうで太らせようとしてきましたが。

ある男友達からは「〇日って△△で飲んでた?」とラインが来ました。どうやら私らしき人を居酒屋で見かけたそうですが声をかけるべきか迷ってそうで、後日本当に私かどうか確認をするためにのラインを送ってきたようです。「めちゃ痩せてたよな。美人過ぎて杏那か確認もたれへんかったわ。」と言われました。(痩せただけで美人扱い。ダイエットすげえ…!!)ですが、彼が私の太った姿を見て「貫禄出てきたな…。」と言ったことは今でも許さない。

あとは体が軽い!狭いところを通るときヒヤヒヤしなくて済む!靴下穿くときおなかがひっかからない!初対面の相手に引け目を感じない!電車が混んでるところに乗っても後ろめたくない!などなど。

深く実感するのは痩せてる方が生きやすいな、ということです。元々痩せてたところから太ってしまい、また痩せ型に戻ったのでどちらの気持ちもわかるつもりです。病気とか体質以外で太っている人は痩せたら少しは楽になるかもしれません。まあマイナス発言ばかりの私のブログでは説得力に欠けるかと思いますが。笑

 

少しでも誰かの参考になればいいなと思いながらの更新です。結構ざっくりな内容になってしまったのですが。

今度は失敗談についてお話をしたいと思います。

それでは!

 

 

過去の暗黒時代

 

穏やかな休日です。心は曇天ですが←

昨日から食欲が落ち着いて普通の量で満足できるようになりました。

18日から21日くらいまでは食べる時間も量も内容もむちゃくちゃだったので体重は増えてるかな?と体重計に乗ってみたところ …全然変わってなかったです。笑

太り過ぎも良くないですけど痩せすぎも良くないので、ベスト体重計をキープする努力をしていかなくてはなりません。

 

kaputtan.hatenablog.jp

 

 

上記の記事にもありますが、私、元デブでした!!!

ただ一つだけ勘違いしてほしくないことがあります。私の沽券に関わるので。

決して私は生まれついてのデブではないです(超重要)。

元は数字だけでいうとモデル体型寄りです。だが貧乳で下半身デブ…orz

だから数字もある程度は大事ですけど、体重が人並ならライン、サイズの方が重要ですよ。

 

 

 

 

というわけでダイエットについての内容です。

今回は私が太ってしまった経緯が主になります。

  1. 現在と過去の数字の比較
  2. 私がいかにして太ったか
  3. 肥大化した私の受けた屈辱

 

 

 

1. 現在と過去の数字の比較

現在の私     身長163センチ 体重49キロ

MAXデブ時代     身長162センチ 体重61キロ

 

いやーひどい!数字だけでデブだとわかる!

筋肉があって引き締まっているならまた印象も変わるんでしょうけど、私は筋肉がないのでただの脂肪の塊でした。高身長で太ってるとただのゴツイ女になるんですよね。

逆を言えば少し痩せるだけでスタイルよく見えちゃうのでそこはアドバンテージだと思います。

 

 

 

 

2. 私がいかにして太ったか

私の激太りの原因はストレスでした。県外の大学に進学し一人暮らしを始めてからホームシックにかかりごはんが食べられなくなったんです。元々痩せていたのに1ヶ月で3キロほど体重が落ちました。最初はストレスで痩せたんです。

が!!!GWが明けて居酒屋でバイトを始めた頃から体型に異変が…。その時の食生活は、今振り返ってもやばいなと反省します。

  • バイトの賄いを食べるのは夜12時以降
  • 賄いのデザートで出たメロンをみんながくれるため結局まるまる一個分消費
  • バイト終了後、コンビニによりデザート、スナック菓子の大量購入、そして消費
  • シフォンケーキを焼き、生クリームたっぷりで食べる(ワンホール)
  • クレープも自作、一回で皮が10枚は焼けるためそれを一度に消費(アイス付)
  • アイスを箱で6個爆買い、しかし1週間もたず

 

これで太らないわけがないですよね!!!

この頃の私はバイト仲間の男の子にフードファイター杏那』と呼ばれていました。

余談ですが、太っていたときの部屋は見事な汚部屋でした。デブ=汚部屋のを体現してました。またそれについても書こうかな?

 

 

 

 

 

3. 肥大化した私の受けた屈辱

夏休みに帰省した私を待ち受けていたのは家族による言葉の暴力の数々でした。

  • お前は関取か
  • 妊娠したんじゃないだろうな
  • ほんとひどいよ、どうしたの
  • デブが日傘さすと暑苦しい
  • 顔ぱっつぱつ過ぎ
  • なんか色々ゴツイ
  • 醜い

 

 事実なので言い返すことも特別病むこともありませんでしたが、まあまあの攻撃力でしたね。(遠い目)

まあ友人たちにも驚かれて「やばいよ!」などと言われましたがそこは割愛。

ちなみに私が一番驚いたのは、自転車に乗って段差の多い道を走っているとおなかの肉がめちゃくちゃ揺れたことです!!!胸は揺れないのに…。胸は揺れないのに…。

 

 

 

 

 

 今度は具体的に痩せた方法についてお話をしたいと思います。

それでは!

 

お口ミッフィー

 

こんにちは。

休憩なうです✌︎('ω'✌︎ )

あと6時間ほど働くと休みがやってきます。

1日交代の勤務も嫌だけど、連勤はもっと嫌いです。5連勤とかシフト制の良いところが消えちゃう。

というより、私は上司と同じ日に働きたくないでしょうね。大っ嫌いだから。

 

私が休憩入ってすぐに、上司がくだらないことで話し掛けてきました。心底うざい。私の貴重な休憩時間を割く価値を貴方には見いだせません、と心の中で呟きました。以下が会話の内容です。一部行動も含む。

 

ネッシーとかツチノコって信じる?

→その会話のどこに生産性がありますか?私は貴方と業務に関することならともかく雑談はしたくありません。

 

・何をしてるときが楽しい?

→お陰様で今楽しいことなんて一つもなく、それを探している最中です。

 

・女の子投げだ!と言って変なフォームで私にまるめたティッシュを投げつけてきた。

→頭沸いてんのかよ馬鹿じゃねえの?頼む、死んでくれ(´-ω-`)

 

もちろん実際はちゃんと相手しましたけどね。

内心は上記のように悪態ついてました。笑

他にも通せんぼされたりしますよ!!!

幼稚過ぎる関わり合いをしてくる40代上司に私がストレスを感じるのは自然なことですよね?

幼稚でパワハラとかもう本当に勘弁してください…。

ちなみに、楽しいこと〜の件ではそれじゃあ話にならんねー。お菓子作りとかしてみたら?と言われましたよ。

そんな時間も気力もないと返したら、時間は作るものだ!と。もう本当黙っててほしい、口を開くな、心から。

 

 

 

 

とまぁこんな感じでただただストレスですね。

こんな思いしながらでも生きていかなきゃならないんですよね。

辛くても歯を食いしばって笑ってなきゃいけないんですよね。

みんなそうやって頑張ってるから私も頑張らないといけないですよね。

 

やっぱり苦しい思いしてまで生きてくないな。

今のただ義務感で、惰性で生きてるのって精神的にかなりきついです。

自殺という手段を選ぶことは絶対ないですけど今すぐにでも消えてしまいたい。

 

 

 

職場にいるにも関わらず勢いだけでブログを書き殴り更新してしまう自分に困惑します…。

次は平常心で更新できたらな、と思います。

 

「なんとなく」の直感、続

 

前回の記事の続きです。

 

 

kaputtan.hatenablog.jp

 

 

 

 

 

 

2.言葉と裏腹の予感

この話は1ヶ月前の最近あった出来事です。

職場の後輩が、父親が急遽入院することになった、と話してくれたことがありました。なんでも高熱が出て病院に行った際に肺に何か見つかったらしいです。その時は「バタバタして大変なんですよー。一応、来週詳しい検査をするんです。」と軽い感じの話し方だったので、「身内の入院は家族も大変だから無理しないでね。」と返したことを覚えています。

 

後日、彼女の父親の検査が終わって今は結果待ちだと報告を受けました。結果がわかるまで1週間ほどかかるらしくヤキモキした様子でした。

私は「何もないといいね。」と言葉をかけましたが、話しながら、(きっと何か大きな重大なものが見つかる。急に亡くなってしまうなんてこともあるかもしれない。)と無意識に思ってしまったんです。本当に何もないといいな、と思ったんです。だからなぜそんな言葉と真逆の展開を思いついたんだろう?と引っかかりを覚えましたが、答えがでないので考えることをやめました。

 

そして、数日後の休み明けのことです。出勤早々に先輩が「杏那ちゃん、後輩のお父様が亡くなったことって聞いてる?」と尋ねてきました。「亡くなったっ!?」と思わず大きな声を出してしまうくらい驚きました。先輩も前日お休みで、上司から電話がかかってきて知ったそうです。その関係でシフト変更に協力してほしいという内容だったそうで。でも私の携帯には着歴もありませんでした。どう考えても私にも連絡があるはずの内容なのに履歴に残ってない、ということも謎でした。単に携帯の不調たったのかもしれませんが、特別それを感じたこはなかったので不思議でした。

 

話が一段落ついて、更衣室で着替えていましたが少し放心状態になりました。正直に言ってしまえば、無意識に考えてしまったことが現実になってしまい少し恐怖しました。身内なら虫の知らせ、と感傷に浸ることもできたかもしれません。ただ今回は全くの他人のことで、にもかかわらず死の予感が当たってしまった。だからと言って私自身に霊感があるなどとは思いませんでした。ただ怖かったんです。

 

ちなみに、出勤した上司に後輩の父親が亡くなったことに関しての連絡のことを聞いたら、やはり私にも連絡をしたとのこと。着歴が残ってなかったと弁明したら怒られることはなかったですが、タイミングが悪かったね、と。これまで店からかかってきた電話には必ず折り返していたので上司も信じてくれたのでしょう。

 

 

 

というわけで、謎の直感が働いて死の予感を察知してしまったというお話でした。

きっとこれからもこういう体験をすることはあると思います。本当に無意識に直感で思ってしまったことは、もう少し信じてみてもいいのかもしれないなーと感じた出来事でした。

 

また気が向いたら、今度は実際に体験した怖い話も書いてみたいと思います!

あ、別にホラー作家目指してるとかではないです。書くことで満足するだけなので、良かったらお付き合いくださいね。

 

それでは!