ロボットは泣かない

24歳意識低い系ダメ社会人のつれづれ。

カウントダウン

 

引っ越し日が近づくにつれてやはり忙しくなりますね。今日はバタバタと動き回ってました。

  • 役場へ行き転出届をもらう
  • 郵便局で転居届を提出
  • 職場に贈るお菓子の購入と一筆箋で簡単な挨拶
  • 電気ガス水道の停止連絡

その他だと簡単な掃除や会社への返却物の用意でしょうか。これでおそらく荷造りをするだけで大丈夫なはず!あとは土日の疲れを癒すためにゴロゴロしてましたね。

 

 

 

この土日は忙しくて、営業時間中ずっとお客さんが来るしでお昼ご飯も18時から食べるという状況でした。土日両方とも売上が予算より20万以上プラスで終えることができたので仕事した感はありますけど疲れたなー。

去年の6月最後の土日も鬼のように忙しくて、翌日39度以上の熱を出して仕事を休んだことを思い出します。前の店舗の話ですが。そこは県内で一番忙しいお店だったので今のお店の忙しさなんて可愛いものですが、疲れるものは疲れるんです。とにかく今年は熱が出なかったので、最後の最後で迷惑をかけずに済んでホッとしています。

明日明後日と働いたら本当にさよならです。退職を伝えてから3週間、立つ鳥跡を濁さずの精神で私なりに一生懸命働いてきました。直接お褒めの言葉をお客様からいただいたり、商品のお渡しが来週の方に来月から不在なんですと伝えると初めてのお客様にも残念だわと言っていただけたり。うちの息子の嫁に来てくれたらいいのにと言われたり(笑)

決して楽しい、嬉しいというわけではありませんでしたが、心が軽くなったことでやはり本来の心優しい自分(←)が目覚めたのかもしれません。少々のことでは動じない感じのいい接客ができたのでではないかと思います。残り2日、油断せずに頑張ります。

 

 

 

そうそう、仕事終わりに送別会を開いていただきました。どうでもいいことについてわいわい話したり、久しぶりにお酒も飲んでほろ酔いになったりと時間が過ぎていくのは早かったように思います。送別の品まで職場の皆さんがそれぞれ用意してくださってて驚きました。最初は憂鬱でしたけど、終わって見れば送別会を開いただけてよかったって素直に思えます!

解散した後でお酒が回ってきて弱くなったなーと地味に自分の変化にも気がつきました。生ビール2杯と熱燗2合で眠たくなって、二日酔いでは無いですが次の日にも多少アルコールが残ってましたから。これは「酔っちゃった…///」と殿方に可愛くしなだれ掛かる系女子に近づいたのではないか?と自分の新たな可能性の発見でもありました。(違うか?)最終出勤日には帰ってから晩酌するぞー!しなだれ掛かるオスはいないけど。

 

残り2日、無事に一日一日を終えられますように。

 

2017年という年廻り

 

気がつけばいつの間にか1年の半分が終わろうとしています。今年はというか今年もというか、本当に色々な出来事が起きますよね。最近だとAKB48の総選挙での某アイドルの結婚発表に、SMAPの3人が事務所に退社。小出恵介さんの淫行。私的にはハロプロ大改革も事件です。あとは最新だと小林麻央さんの訃報。

芸能界だけではないですよね。痴漢冤罪の疑惑で人生が変わった人、イジメや仕事で悩んで自殺する人、虐待や性犯罪の被害に遭う人。心が温かくなるニュースもありますが、圧倒的に悲しいニュースの方が多いと思います。私がネガディブなので悲しい方にフォーカスしているのもあるかもしれないけど。

 

 

 

今年は力の強い神様の年廻りなので、争いが多い年なんです。体を壊しやすかったり、自殺や倒産など。学校や職場、家庭、大人から子供までイジメが起きる。良い方にもどんどん進んでいくけれど、落ちる時は一気に落ちていくんです。満員電車に乗ってるとどんどん後ろから押されていきますよね?押さないで押さないでって思ってても、進んでいってしまうこともあると思います。そして背中を押されすぎて、最後には転んでしまう。

だから今年は頑張ろうと思わなくてもいいそうです。目標などは立てずにいい加減に過ごしていれば普通に進んでいくし、忙しいって思えば忙しくさせられるとのこと。例えば企業で売り上げを伸ばそうとすると、一時期は良くても一度転べば一気に倒産までいってしまうというようなことが起きてしまう。とにかく良いことも悪いことも凄いスピードで進む怖い年らしいです。もちろんダラダラすればいいというわけではなく程々に物事を進めましょうってことですよ。

そう懇意にしている先生がおっしゃられていました。(過去の記事で何度か書いてますが私はスピュリチュアルが好きで唐突にそういう話題を出すことがあるので、ふーんと流してください。) 

年が明けるまではできるだけ大人しく過ごしておく方がいいみたいです。あ、年明けとは旧暦のです。旧暦の正月は何月何日って決まってないようで毎年日付が変わります。Wikipediaによると、1月21日から2月20日頃までを毎年移動するとのこと。

争いが多いなんて今に始まったことではないと言われればそれまでですが、まだ半年以上もこの年廻りは続くのでそれを心に留めておくだけでも少しは違うんじゃないかと思います。もうすぐ仕事を辞めるので再度自分へこの意味を落とし込むためにブログに書きました。

 

 

 

 

 

今日の小林麻央さんの訃報を聞いて少し感傷的になっているのかもしれません。病に勝ってほしいと心の中で思ってましたから。私自身、高校生のとき家族が癌になってるので闘病生活がどんなに苦しいのか、支える家族の大変さも少しはわかるつもりです。入院後初めてお見舞いに行った際、私は抗がん剤で髪の毛が抜けて棒切れのようにやせ細った家族を見た瞬間に泣いてしまいました。いま思い出しても涙が出ます。入院したのは私の16歳の誕生日でした。一度目は抗がん剤だけで治りましたが1年経たずで再発。次の治療は時期を見て私の骨髄を移植することでした。ドナーになることに微塵の迷いもなかったです。幸いにも手術は上手くいき、退院してから6年以上経ちました。いろんな方々の協力もあって助かることができました。

生きられる人、亡くなってしまう人、何が違うんでしょう。私は運命は決まっていると思っている派ですが、だからといって全てを受け入れられるかといえばそうではない。運命に抗ってでも、欲張ってでも生きていてほしいと家族なら願うはずですから。ですが残念なことに叶う願いもあれば叶わない願いもある。

 

この先、どんな願っても病気も争いもなくならないでしょう。あらゆる状況で、渦中にいる本人も周りもその都度戦っていくしかないんでしょうね。一つ戦いが終わる度に、それが転機になっていくのかな?答えはいつも見つかりません。

 

ふかふかお布団

 
こんにちは。今日もいいお天気ですね。むしろ暑い…。
あと10日で引っ越すのかと考えると、どことなく寂しさも覚える今日この頃です。それでも後悔はしないけど。 


最終出勤日まで今日を除いてあと5日。実際に働く日数は4日とかなり少ないです。確実に時間は過ぎていきますね。すでに心は実家に帰ってますが、「しまってこー」を合言葉に最後まで働きます。


実は昨日知ったのですが、職場の方たちが私の送別会を計画してくれているらしいです。気持ちは嬉しいんですが、そういうの苦手なんですよね。新しい人の歓迎会も合わせて、とかならいいんですけど私がメインは遠慮したい…。もうひっそりといなくなりたいんですよ。繁忙期前に辞める奴のことなんて、お疲れって緩く見送ってくださるだけで結構なんです。寂しくなるなって言葉でだけで十分なんです。送別会、嬉しいけど少し憂鬱です。






さてさて話は変わりますが。
遥か古より神から与えられた極上の癒し(俗にいう布団)は、私たち人間を、さらには犬猫さえも夢の世界に誘う魔力を持っていました。それと同時に、堕落の道へと誘惑する恐ろしい一面も持っています。
特に冬場などはあまりの居心地の良さに、このままずっと側にいさせてほしいと懇願するくらい。自ら鎖に繋がれたいと思うほどの中毒性。優しく包んでくれるその包容力。時には愛欲の舞台となり、人間が快楽を貪っている姿を黙って下から支えてくれている男気(?)。その全てが私を惹きつけて止まない。だからこそ晴れてる日には外に干して湿気から解放したいと、私は思うのです。

私のマンションは西向きの窓なので午後から夕方にかけて陽がよく当たります。それに合わせてお布団を干すとそれはもうふかふかに!!!
布団を取り込んですぐにダイブする瞬間が私は大好きなんです。ふわ〜ってなってたのに私の体重で沈んでいく感じ。雪道に最初に足跡つけた時みたいな高揚感が味わえるじゃないですか。今夏ですけど←

何が言いたいかというと、お布団って最高だよねって話です。今日もしっかり干しています。明日から雨でしばらく干せそうにないですからね。

 

 

 

今私は(もうすぐ辞める癖に)会社の健康診断があるので外出してるんですが紫外線がつらい。謎の肌荒れで吹き出物やヘルペスが顎まわりにできてるからあんまり刺激したくないんですが仕方ないですね。仕事辞めれば治るかしら…?早く帰ってお布団にダイブしたいです。

 

 

私に欠けているもの

 

今日のやる気のなさは異常っていうくらい過去最高にだらけきってます。しかも今日は10時間労働です。休憩終わっても6時間以上働かなくてはならないという事実に絶望…。

お客さんが来てくれるなら(接客面倒だけど)時間が経つのも早く感じるのに今日に限って暇なんです。現時点で注文受けたの合計1万円いってないんじゃないかなー?大赤字ですよーもう店閉めた方が人件費とか光熱費とか浮いていいと思いますよー。なんて思いながらも口には出さず。全力で帰りたいです本当に。

 

ちなみに新人さんが出勤してました。今日一緒に入るなんて聞いてないよ…。暇だし世間話とかしてみるけどなんかテンポとか合わないし。そもそも私は世間話が苦手だということを忘れていました。コミュ障過ぎてつらい。

 

でも人見知りってわけではないんですよねー。初めましてとか自称ですけどめちゃくちゃ印象いいですよ。友人たちにも外見と中身あってないって言われます。

ちなみに新しい環境では女性にめちゃくちゃ警戒されます。女子力高く見えるみたいです。そういう時は下ネタとか突然股割りとか奇行を披露すると仲良くなれます←

 

話が逸れました。笑

初対面でもそこそこ話せるんですよ私。でも『二度目まして』が本当に苦手で…。初対面で仲良くなったと思ってもその関係を続けていくってことに向いてないのか、すぐ疎遠になってしまいます。別に元々1人が楽だし好きだしっていうので無理に誰かと繋がろうとしない性格っていうこともあるんでしょうけど。

 

就職してからですかね、世間話が苦手になったのは。例えば、趣味は何?とか彼氏いるの?とかって相手に興味がないと出てこない質問じゃないですか。場を繋ぐためってこともあるとは思いますけど。相手を知りたいって気持ちがあるから質問が出てくるわけで。

私の場合、聞かれたらもちろん答えますけど、私はそういう質問をよく知らない人にしようと思わないです。しないっていうより『興味がないからできない』のかも。だから色んな人のことを知ろうとする性格の人を見ると単純にすごいなって思うんです。人間が好きなのかな?それとも情報を得て何かする為なのかな?なんかすごい歪んだ考えで自分でも笑えるんですが。

物事、他人に興味を持つということも一つの才能だなと思うんです。

 

 

つらつら書きましたが、言いたいことを一言でまとめると「コミュ障つらい」です。

仕事終わったら今度こそ志願書やっつけるぞー!!!

書いてある内容はよく読みましょう

 

午前中、公務員の志願書を作成してました。用紙はインターネットからダウンロードしました。A4用紙2枚になり普通の履歴書と同じ様な内容だったので別にどうということはなかったです。

でもまーとにかく志望動機がふわふわしてる!公務員になりたいわけではないから当然と言えば当然なんですけどね。でもネットで検索してみたり文章の構成を考えてるうちにもっとこういうこと書いたらいいんじゃないのかとかアイディアが浮かんでくるんですよ。書き終わった後、あれ、私って実は公務員になりたいんじゃないの?って錯覚しそうになりました。なんて単純な奴と自分でも思います。

2枚目の志望動機とか今までで一番打ち込んできたこととかの長文は一発で書けたのに、1枚目の住所を書くところで3回もミスるという無様に心が折れそうになりましたが、なんとか書き終わりました。

さてさて最後に封筒に書く役場の宛先を確認しようかなーって募集要項を見た結果、目を疑うような内容を発見しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

様式をホームページからダウンロードした場合は、A4用紙に両面印刷してください。

 

(注意)書類不備の場合は受け付けません。

 

 

 

私 「 ……!?」

うぉぉぉおおおおおおおorz

 

 

私の6時間が一瞬にしてただの紙屑になりました。もう自分に言うべきことは一つだけですね。「読めよ。てめえちゃんと読めよっ…!」です。

心が折れそうではなく完全に折れたのでさっきまで不貞寝していました。明日明後日また頑張ります。

 

 

 

 

 

 

 

感情を表す表現についてですが、ゆっくりとある感情が湧いてくるって感じの表現で思うことがあります。

「ふつふつ」って聞くと怒りを思い浮かべませんか?

ふつふつと怒りが湧く。

ふつふつと喜びが湧く。

ふつふつと悲しみが湧く。

喜びはまぁ変ではないかもしれないけどピンとこない。じわじわかな?じわじわと喜びが湧くって表現が一番に浮かびます。あとは徐々に、かな?擬態語ではなくなってしまいましたね、うん。

私の中で悲しみはふつふつとは違う。これこそじわじわだ!文章にするとじわじわと悲しみが広がるとなります。最後が「湧く」じゃなくなってしまいましたがまあ良いでしょう←

 

表現って面白いですよね。ちょっとした言葉で勝手に人にイメージを伝えることができるから。

今日は夕方から雨が降ってます。しんしんと降ってます。もし明日も雨でザーザー降られたら憂鬱だなー。 

 

 

 

何を言ってるんでしょうね。すみません疲れてるんです。今日はやけ食いします。

 

着々と準備中

 

こんばんは。

もう6月の中旬だというのにまだ梅雨入りしないんですね。来週辺りから雨マークがついてるみたいですけど引っ越しのときにはどうか晴れていてほしいと願う今日この頃。

 

本日ついに半袖デビューしました。感想、朝晩はまだ寒い…。全然夏が近づいてこないです。周りに半袖増えてきたから便乗してみたけど私にはまだ早かったようです。扇風機も使ってないんですけど皆こんなものなんですかね?

 

 

 

さてさて、本題に入ります。

無事に引っ越しの日程と金額が決めることができました!荷物も少ないし梱包も自分でやるし、荷物を他の人と一緒に運んでもらうっていうコースにしたのでかなりお安くしていただきました。

お値段、¥55,080!!!

わーいわーい\\٩( 'ω' )و ////

 

7月3日の午後から荷出しになります。その日は午後から大安になるそうなので、夕方からゆっくりの引っ越しに向いているとのこと。いよいよ今の土地を離れるという実感が湧いてきて浮き足立ってます。ほんっとーに嬉しい!輝かしいニート生活の始まりです。

去年の7月4日に今住んでる部屋に引っ越してきました。なのでちょうど丸1年で去ることになるんですよ。これも地味にテンションが上がる要因になっています。ちょうどいいタイミングでした。きっとそうなるように決まってたんだと思います。

 

 

 

引っ越しする度に思うのですが、やっぱり荷物が少ないのって身軽でいいですよ。ミニマリストおすすめです♡

私は別にミニマリストを極めているわけではないですが、人生の転機にさっと動けるのは大きなメリットだと思います。 私がいま独身っていうのもあるんでしょうけどね。

 ちなみに私は見積もり担当者の方に、「もう荷物は処分されたり譲られたりしたんですか?」と聞かれるくらいにはミニマリストです。

 

あとテレビがないことにも驚かれました。職場でもテレビがないことをふと話したら非常に驚かれます。結構いると思うんですけどねー。実家に帰ったときは普通に見ますけど。

 「家で何してるの?」ってよく聞かれるんですけど、本読んだりYouTubeやニコ動見たり、運動してみたりベランダで黄昏たりで特別なことはしてないです。別にテレビがなくても生活に困らないし、色々考え事をしてたら時間なんてあっという間に過ぎていくんですよ。これでテレビを見ることまでしようとしたら時間が全然足りない!この1年をテレビなしで過ごして、自分の気持ちと向き合う時間を作れたから今の決断があるのかなーって少し考えてみたりします。

 

あ、それと公務員初級のテキストも買いました。ちらちら見たけどさっぱりわかりません。公務員になりたいわけではないけどせっかく受けることに決めたんだからできることはしておきたい。でも前途多難すぎる…。

それ以前に肝心の公務員志願書の作成が終わってないからまずそこから頑張ります。(志望動機なんてねえよ…。)

 

 

私が断髪する理由

 

私のこれまでのヘアスタイルは基本的にロングでした。しかし最近バッサリ切りまして、今がおそらく人生で一番短いと思います。今回バッサリ切った理由は、2年間の社会人生活をリセットしたいと思ったからです。

 

 

 

 過去の記事を参照。

kaputtan.hatenablog.jp

kaputtan.hatenablog.jp

 

 

 

24センチどころか30センチも切ってしまったので今の会社に入ってからの厄は落とせたはずです。厄って言ったら失礼かもですが。

私は今まで3回ほど15センチ以上カットしたことがありますが、いずれも何かが滞ってて運気というか自分を取り巻いてる何かを断ち切りたいという思いが発端でした。

 

過去のついてない時期ですが、一番思い出深いのは大学生の頃のことでした。3日連続で不幸が続いたんです。多分それが過去最高だと思います。

 

 

 

1日目、車に轢かれる

自転車で大学に向かっていたら建物から車道を出ようとした車に轢かれたんですよね 。そんなにスピードは出てなかったんですけど、車の正面と私の体の側面がぶつかって、思いっきり車道に体が投げ出されたんです。幸いにも赤信号だったので二次災害にはなりませんでしたが、もし青信号だったら更に別の車に轢かれて死んでたかもしれません…。

接触の衝撃で自転車は完全に変形して乗れそうもない状態でしたが、私自身はふくらはぎに青アザができたくらいで全くの無傷と言っても差し支えないほどで、加害者の方にも警察の方にもすごく驚かれました。自転車は新しいものを弁償してもらったし、加害者の方やその家族の方もすごく謝ってくれたので人身ではなく物損にして終わりました。

私は大怪我をすることはないんですが昔からよく事故や事件に遭う方でして、警察のお世話になること4回、救急車は2回かな?またいずれその話も書こうと思います。

 

 

 

2日目、彼氏に振られる

何が原因かは思い出せないんですけど、突然当時の彼氏に別れを告げられました。前日に事故に遭ったというのもあって精神が乱れていたのかもしれないんですが、少々荒れまして…。茫然自失状態に陥ります。

 

 

 

3日目、階段から落ちる×2

事故、破局と不幸が続いてぼーっとしていたのでしょうが、マンションの階段から落ちました!(痛い…。)足を捻ったりなどはなかったのでそのまま大学に行って講義を受けたんですけど、帰りに今度は大学の階段から落ちたんです。5、6段くらいからズサズサーって。自分が鈍臭いのは自覚していましたが1日に2回も階段から落ちるのは精神攻撃性が高かったです。当然の如く痣ができただけで事なきを得ましたが。

 

 

 

簡単に書きましたが私の不運は伝わったでしょうか?

「これは何か憑いてるのか!?どうにかしてこの流れを止めなければ!」と真剣に考えた結果、「そうだ!髪を切ろう!!!」と思い立ち、15センチの断髪を決意したんです。そのおかげとは思いませんが、髪切った翌日に彼氏とはよりを戻しました。

 

 

 

今回の断髪も過去の断髪も気分はスッキリしましたし、もう一度スタートを切ろうと思えるきっかけになりました。(その結果がニートになるかよ!というツッコミだけはよしていただきたい。)

もし今流れを変えたい、気持ちを変えたいと考えている方がいるなら髪の毛を切ることをお勧めします♡

 

さてさて。明日の仕事に引っ越しの見積もりに履歴書の作製にと忙しいけど、うまく時間配分して一つ一つ片付けていきます。

今日もみなさんお疲れさまでした!

 

 

少し前向きな気分

 

実はいま悩んでいることがあります。はてなProにするかどうかです。これから仕事を辞めニートになるというのにブログにお金を使ってもいいものか…。

でもでも!Proにするなら早い方がいいって色んな方が言ってるし、ブログも1ヶ月半ほどは続けることができたわけだしこの先のモチベーション維持にもなりそう。

まぁこんなこと言ってる時点で答えは決まってるんでしょうけど。いつかは未定ですがいずれはProになると思います。(少しでもいいから稼ぎたい…!)

 

あ、あと5日前からはてブのアプリもダウンロードしました。が!よくわからない。なんとなくボタン押してみてるだけです。自分の書いた記事にはてブされてる!って気づいたのはいいけど反応ができないんですよね。押してくださった皆さんありがとうございます。無視してるわけではないです、すみません。慣れたら大丈夫なんですかね?

 

 

 

なんだか退職が決まってから物事に対して妙に積極的になった気がします。これが私の本来の姿なのでしょうか。それとも、もうすぐ接客業という闇から抜け出せるが故の一時の高揚感が成せることなのでしょうか。心配とか不安とか一切ないんですけど大丈夫か私。

 

そういえば辞めるとなってから、アンケートハガキがやたら返ってくるようになってるんですよね。しかも私の名前入りで会社的にポイント高いやつ。残念ながらせっかくいただいた感想に心動かされることはなかったんですけど。でも前にもらったときより気分がいいです。

以下の記事もよろしくお願いします。

kaputtan.hatenablog.jp

 

 

 

 

 

話は変わりますが、母親の勧めで地元の役場の事務を受けることになりました。採用人数は若干名だし勉強も一切してないから100%落ちるけど挑戦してみます。ちょっとしたブログネタにもなりそうです。

 

あ、あとプロフも更新したいなー。ニートです!って書きたい!笑

とりあえず今のプロフ記事貼っておきます。よろしくお願いします。

kaputtan.hatenablog.jp

 

 

 

よーし仕事行ってきます!

 

金縛りにあった話

 

前回の記事の冒頭で(あまり怖くはない上にかなり短いですが)私にとって怖かったことを書きました。

kaputtan.hatenablog.jp

 

それ繋がりで、今回は過去の怖かった話(金縛り編)を書きます。

 

 
 

男の霊が覆い被さってきた

これが私が覚えている最初の金縛りです。大学生の時、覚醒したけど目も開けられず体も動かせずでパニックになっていたら、体がズーンと沈んでいく感覚がありました。深く深くどこまでもゆっくり落ちていく感じが怖くてえ?え?って思ってたら体に誰かが私の上に覆い被さってきたんです。下半身からお腹辺りまでに体重がかかっていて、上から私を見下ろしてる視線を感じました。目も開けられない状態だったのに何故だか「男の人だ。」と確信しました。じわじわと私の顔の方に近づいてくるのがわかって、「これ顔が近づいてきたらやばい!」と思って、心の中で九字を切ったり、般若心経、その他の知ってる限りのお経?を読んで、「私は何もできない。離れて。」と念じました。そうすると男がどこかへ行き、体が浮上していく感じがして、多分1分くらいで元の位置に戻りました。あの沈んでいく感じは終わりがなさそうで冥界にでも繋がってたのか?と朝が来た時には考えました。もし私がお経を何一つ知らなかったらどうなっていたのでしょう?

 

 

 

たくさんの笑い声と謎の老人

これは忘れもしない2014年1月1日。上記の話の時と同様に、目が覚めたのに動かないし目も開けられない。どんどん体が沈んでいくあの感じも同じ。一つ違ったのはこの時は横向きに寝ていました。だから片耳は枕で塞がっていたはず。それなのに両耳から老若男女の笑い声が聞こえてきたんです。もうこの時点で怖いですよ!いくら経験があるって言っても、怖い話が大好きって言っても怖いんですよ!笑い声もどんどん近づいてくるので、前と同じように知ってる限りのお経を唱えたら、笑い声が遠ざかっていき、体もゆっくりと上昇していきました。ここでもう安心し切っていて、「やっぱりお経とかは覚えておいた方がいいな。これで大丈夫でしょ。」などと平常心を取り戻していきました。そして体が元の位置に戻った瞬間、「ここにいたのか。」と老人の声が耳元で聞こえました。その後は気絶したのかただ寝ていただけなのかわかりないですけど覚えてません。次に目が覚めたときに「新年早々なんだこれ…。」と疲れを感じたことだけは記憶にあります。

 

 

 

共通しているのは必ず体が沈んでいくこと、お経を唱えたら体が浮上していくことです。金縛り経験はこれだけではないですが、主に印象に残っているエピソードを書いてみました。

 

金縛りは心霊現象ではないという説もあるみたいですが、実際のところどうなんでしょうね。私のように沈んでいく感じなどはあるのか、他の人の体験も気になるところです。

 

おしまい。

自分のできることをして去りたい

 

仕事が終わり帰宅。エントランスに入ってすぐにエレベーター扉が勝手に開きました。中には誰も乗ってなかったです。誰かがエレベーターから降りた時に1階のボタンを押していて、それで戻ってきたのならパネルで下方向の矢印が出て降りてきてるというのがわかるのですがその表示もなく…。地味になんだこれ怖いってなりました。

 

 

 

 

 

さて、今日は主任と2人でラストでした。やっぱり私が辞めることについて聞かれたんですが、上司とはこうも違うか…と感想を持ちました。

私が女性スタッフの中で一番社歴が長いってものあるけど、頼れる先輩だったと思うって言ってくれました。後輩たちにとって私の存在って結構大きかったはず、いるだけで安心感があったってのは間違いないとも。あとは体調のことも気にかけてくれました。少し咳も治ってきてよかったねって。

こういう言い方をされたら、これから繁忙期に入るって時に辞めることに対してやっぱり申し訳ないなと思いました。罪悪感を与えるための発言ではないのはわかるんですけどね。主任と話してたら器の大きさが上司とは違うなとつくづく実感します。

 

立つ鳥跡を濁さず!迷惑をかけないよう、後輩に教えられることは教えて、自分のできることを退職するまで頑張ろうと思った日でした。